【セブンカフェ】なぜ氷だけの販売方法へ変わる?環境問題対策の声も!

スポンサーリンク
【セブンカフェ】なぜ氷だけの販売方法へ変わる?環境問題対策の声も! ニュース
スポンサーリンク

セブンカフェのコーヒーがなぜ氷だけの販売方法へ変わっていっているのかと話題になっています。

なぜ氷だけの販売方法へ変化させていっているのかを様々な情報源からまとめています。

環境問題への取り組みやプラスチックごみの減少への取り組みとの声も上がっています。

スポンサーリンク

セブンカフェはなぜ氷だけの販売方法へ変わっているのか?

セブンカフェは世間でかなり有名で多くの方が飲んでいるようだが、現在一部の店舗で氷だけの販売でカップはレジで渡すという手法に変わってきているようです。

いったいなぜセブンカフェは氷だけの販売へ方法を変えているのでしょうか?

セブンカフェが販売方法を氷だけに変えている理由

セブンカフェが販売方法を氷だけに替える理由を様々な情報をもとにまとめています。

タンブラー持参のお客様が増えたため

最近では世の中の環境問題への関心が強まり、タンブラーを持ってこられる方も多いようです。

そのため、カップは必要ないお客様も一定数おられるようです。

また、保温効果もあるので持参される方も多いようです。

また、ローソンではタンブラー持参のお客様へ割引も行っているようですので、その点はセブンカフェは少し遅れていますね。

環境問題のためプラスチックごみを減らす目的

上記のツイッターでもありますが、GREEN CHARENGE 2050を行っているので環境問題は大きく考えられますね。

上記のタンブラー持参にもつながりますが、環境問題でプラスチックごみを減らすことへの取り組みの一環として販売方法の変更に至ったとの声も上がっています。

最近ではレジ袋も有料化になり、様々なプラスチックごみへの関心も高まっているように考えられます。

環境問題への関心は一企業として考えておかなければならない問題なので過敏になっているのかもしれません。

会社のコスト削減のためか

輸送費コストや梱包コストの削減を狙っている可能性もあります。このコスト削減がお客様に反映されないのは残念ですね。

セブンカフェは氷だけの販売方法へなぜ積極的なのか?

まだ正式にその販売方法ではないとはいえ、なぜ氷だけの販売方法へ積極的なテストを行っているのでしょうか?

なぜセブンカフェは氷だけの販売方法へ積極的なのかはGREEN CHALLENGE 2050

セブン&アイグループが行っている「GREEN CHALLENGE 2050」がこの変更に大きくかかわっているようだ。

GREEN CHALLENGE 2050 | CSR | セブン&アイ・ホールディングス
セブン&アイ・ホールディングスは、グループ一体となって、社会の信頼にお応えする公正な事業活動の推進を図っています。コンビニエンスストア、総合スーパー、百貨店、レストラン、銀行、ITサービスなど幅広い業態を擁する総合流通グループです。
大きな4つの柱の中に「プラスチック対策」が入っています。その為に、このセブンカフェの氷だけの販売方法への変更の秘密が隠されていそうですね。

まとめ:セブンカフェはなぜ氷だけの販売方法へ変わっているのか?

今回の記事では、セブンカフェはなぜ氷だけの販売方法へ変わっているのかというのを様々な記事をもとにまとめてきました。

タンブラー持参のお客様のため
環境のため
コスト削減のため
プラスチックごみ対策
これらが今回の販売変更への実験のテストになっていると考えられます。
あなたもセブンカフェを良く使われると思いますが、そのコンビニはいま変更が行われているコンビニかもしれませんね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
—————————————————-
最近話題のニュース関係も以下に載せておりますので是非ご覧ください。
ニュース
スポンサーリンク
マエマサウィークリー.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました