【大分空港】アジア初!なぜ小型衛星打ち上げの宇宙港へ選ばれたのか?

スポンサーリンク
【大分空港】アジア初!なぜ小型衛星打ち上げの宇宙港へ選ばれたのか? ニュース
スポンサーリンク

大分空港がアジアで初めて、アメリカ企業に小型衛星の打ち上げのための宇宙港に選ばれましたと発表がありました。

なぜ選ばれたのかについてここで詳しくまとめていきたいと思います。

今回の記事では

大分空港がアジアで初めてなぜ小型衛星打ち上げの宇宙港へ選ばれたのだろか?
なぜ大分空港がアジア初小型衛星打ち上げの宇宙港に?等々の地元民の声!
上記の気になるポイントをまとめております。
今ツイッター上でも話題になっており、大分県では歓喜の声で湧いています。
スポンサーリンク

大分空港がアジアで初めてなぜ小型衛星打ち上げの宇宙港へ選ばれたのだろか?

大分空港がアジアで初めてなぜ小型衛星打ち上げの宇宙港へ選ばれたのかどうかを経緯と一緒に確認していきます。

大分空港をアジア初の宇宙港として選んだアメリカの会社は?

この決定を下したのはアメリカのヴァージン・オービット社という会社です

ヴァージングループというグループの傘下で、ロサンゼルスで2017年に、小型衛星の打ち上げサービスを開始するために設立されました。

このアメリカの会社がアジアにも拠点をつくろうと、2019年6月にANAホールディングスと候補地探し等の契約を結びました。

その後、一般社団法人スペースポートジャパンの協力もあり、最終的に大分空港が選ばれています。

大分空港はなぜアジア初の宇宙港に選ばれたのか?

ではこのアメリカのヴァージン・オービット社はなぜ大分空港をアジア初の宇宙港に選んだのだろう?

大分空港は長い滑走路を所有しているから

大分空港はなぜアジア初の宇宙港に選ばれたのかというと大分空港には3000mを超える長い滑走路があることが理由の一つに挙がっています。

地図を見てもわかるように一直線に長い滑走路があります。

大分空港は航空便の混雑がないから

2つ目に大分空港はなぜアジア初の宇宙港に選ばれたのかというと少し悲しい理由ではあるが、大分空港の航空便が少ないことが今回の選出に功を奏しました。

【大分空港】アジア初!なぜ小型衛星打ち上げの宇宙港へ選ばれたのか?

大分空港ホームページより引用:https://www.oita-airport.jp/timetable/?airport_id=1

コチラの画像をご覧いただくとわかるように、東京羽田空港への発着便は一日に28便ほどです。

大分空港のある大分県は観光等も盛んで製造業の基盤も確保されているから

3つ目に大分空港はなぜアジア初の宇宙港に選ばれたのかというと観光が盛んで鉄鋼・石油化学・自動車・半導体等の製造業基盤も整っており、宇宙港との観光産業の可能性も評価されたからです。

【大分空港】アジア初!なぜ小型衛星打ち上げの宇宙港へ選ばれたのか?

大分県にはUSA市と言われる宇佐市があったり、温泉で有名な別府市があったり、湯布院も非常に有名で観光業が盛んです。

また

県内でも地場製造業4社が小型環境観測衛星「てんこう」の共同開発(2018年打ち上げ)に参画。宇宙に目を向ける経営者たちはいる。

大分空港が宇宙港になれば、整備などで地元に仕事が生まれたり、本格的な衛星製造への参入や関連企業の県内誘致といったチャンスが出てくる。他地域のロケット打ち上げに多くの人が集まるように、観光資源になる可能性もある。

大分合同深部により抜粋:https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/04/03/JD0059114223

こういった記事も挙げられており、宇宙業へ目を向けている経営者も大分県内に存在しているため今後の発展が期待できそうです。

なぜ大分空港がアジア初小型衛星打ち上げの宇宙港に?等々の地元民の声!

なぜ大分空港がアジア初小型衛星打ち上げの宇宙港にとの声も挙げる大分県の地元の方もいらっしゃいますが、声をまとめてみました。

大分県の方々は自虐ネタ等も放り込みながらですが、非常に喜んでいる声が聞かれますね!

ただ、国際線よりも宇宙が先というコメントは笑いました!

【大分空港】アジア初!なぜ小型衛星打ち上げの宇宙港へ選ばれたのか?まとめ

大分空港がアジアで初めて、アメリカ企業に小型衛星の打ち上げのための宇宙港に選ばれましたと発表をまとめております。

今回は特に

大分空港がアジアで初めてなぜ小型衛星打ち上げの宇宙港へ選ばれたのだろか?
なぜ大分空港がアジア初小型衛星打ち上げの宇宙港に?等々の地元民の声!
上記の気になるポイントをまとめています。
大分がこれを機に発展するとかつて別府に住んでいたものとしては心が躍りますね。
ニュース
スポンサーリンク
マエマサウィークリー.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました