【レジハラ(レジハラスメント)】とは一体何か?対応方法や今後の対策

スポンサーリンク
【レジハラ(レジハラスメント)】とは一体何か?対応方法や今後の対策 ニュース
スポンサーリンク

レジハラとは一体何か大きな話題を呼んでいます。

今回はレジハラとはいったい何なのか、またその対応方法やコンビニ等での従業員を守るための対策をまとめています。

スポンサーリンク

レジハラとは一体何?対応方法や対策前に言葉を知る

レジハラというのはレジハラスメントの略語です。

いわゆるコンビニ等のレジでレジ袋に対して文句を言ったリ偉そうな態度をとることを指し、ウイルス感染への文句や日頃のストレスを店員さんへぶつけられます。

このレジハラスメントは、カスハラ(カスタマーハラスメント)にも該当すると言われています。

レジハラとはお客さん一体何に対してどんな対応をされているのか?

レジハラ(レジハラスメント)はコンビニでよく発生しております。

具体的には以下のようなハラスメントが発生しています。

レジ袋有料化について店員に対して怒鳴りつける
エコバック袋詰めのためレジが混みそれに対して大声で文句を言う
手袋付けて接客しているとお客が「病原菌扱いか?」などと言ってくる
感染したらどうしてくれるんだと怒鳴られる
レジ袋が有料で要るか要らないかのやり取りがはっきりせず怒鳴られる
世の中ではこのような行為がどこのコンビニでも起こっているようです。

レジハラには何の対応方法や対策がとれるか?

レジハラ(レジハラスメント)にどんな、何の対応方法や対策があるのかをまとめております。

レジハラには何の対応方法や対策があるか

レジハラ(レジハラスメント)を行うこと自体考えられませんが、たくさんいるのでこんな言葉が生まれています。

店員さんのストレスやトラウマを減らしていくために現在行われている対応や今後どのように対応していけばいいかを考えています。

レジ袋購入カードの設置をしている対応方法

レジ袋を一つの商品として買ってもらうためにレジに置いているお店があるようです。

それをすることによってレジ袋が必要か不必要かをお客さんに聞く手間を減らしています。

コンビニの入り口やレジ付近でへの張り紙設置の対応方法

レジ袋が有料になったことを視覚的にアピールし、知ってもらうことにより怒りを減らす。

これは未定なお客様も多い可能性があります。

セルフレジの強化を図る対応方法

ウイルス感染が怖いお客様や店員さんにとっても大きな役割を果たすことになると考えられます。

ただレジ袋に関しては怒られる可能性もあります。

お客様を神様と思わない心づもりをしておく対応方法

どうしてもはじめてのレジ仕事だったり接客業をおこなうとお客様は神様だてきな指導を受けることがあります。

しかしながら、この考え方自体を変えてしまい、変なことを言われた際には毅然とした態度で臨む姿勢も事前研修の中に組み込んではいかがだろう。

事前研修、想定研修をしっかり行い対応方法を備えておく対応方法

事前に研修や想定をしておき、こういったレジハラを行うお客様は来るものとして日々の業務にあたっておくと、精神的負担は少ないかもしれない。

エコバックへ詰めるスペースを作る対応方法

エコバックへの詰める作業でレジが混んでレジハラというパターンも多いので、イートインコーナーの様にエコバック詰めスペースを確保することが重要。

スーパーの様に確保しておけば、レジが混むことも少なくなるので少しは改善されるのではないか?

まとめ:レジハラ(レジハラスメント)とは一体何か?対応方法や今後の対策

今回はレジハラ(レジハラスメント)とは一体何か?対応方法や今後の対策をまとめてきました。

改めてレジハラとは

レジハラスメントの略で、

いわゆるコンビニ等のレジでレジ袋有料に対して文句を言ったリ偉そうな態度をとることを指します。

対応方法として考えられることとしては

レジ袋購入カードの設置をしている対応方法
コンビニの入り口やレジ付近でへの張り紙設置の対応方法
セルフレジの強化を図る対応方法
お客様を神様と思わない心づもりをしておく対応方法
事前研修、想定研修をしっかり行い対応方法を備えておく対応方法
エコバックへ詰めるスペースを作る対応方法
これらの対策が現在の有効策と考えられます。
こんなことばかりがニュースになるご時世ですが、すこしでも明るく過ごすためにもゆったりとした心と対策を持っておきましょう。
ニュース
スポンサーリンク
マエマサウィークリー.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました