【住宅ローン】返済や家賃支払い困難な方への支援制度まとめ

スポンサーリンク
【住宅ローン】コロナで返済や家賃支払い困難な方への支援制度まとめ ニュース
スポンサーリンク

コロナウィルスの影響で住宅ローンの返済や家賃支払いが困難な方が目立ってきています。

今回の記事では

コロナの影響で住宅ローン返済や家賃支払い困難な人への支援制度はあるの?
コロナのせいで住宅ローン返済や家賃支払い困難な人への支援制度の申請方法は?
早急に何とかしなければならない方も多いはずですので、手短にまとめています。
大阪についての情報を知りたい方は↓
ご自分に合った制度をきちんと探して、すぐに申請をするようにしてください。

アメリカだけでなく、日本もこれからこの状況に追い込まれるのではと思います。

スポンサーリンク

コロナの影響で住宅ローン返済や家賃支払い困難な人への支援制度はあるの?

コロナの影響で住宅ローン返済や家賃支払い困難な人への支援制度はあるのかどうかをまとめています。

このような方々への支援策がきちんと存在しています!

家賃の支払いが厳しい人向け

【住宅ローン】コロナで返済や家賃支払い困難な方への支援制度まとめ

厚生労働省HPより引用
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/0914_shiryou03_1.pdf

住宅確保給付金というものが存在します。

給付を受けることのできる対象者は以下の通りです。

申請日において65歳未満であって、離職等後2年以内の者
離職等の前に世帯の生計を主として維持していたこと
ハローワークに求職の申し込みをしていること
国の雇用施策による給付等を受けていないこと

住宅ローン等の支払いが厳しい人向け

【住宅ローン】コロナで返済や家賃支払い困難な方への支援制度まとめ

住宅金融支援機構より抜粋:https://www.jhf.go.jp/files/400352364.pdf

住宅ローンの返済も困難になっている方への救済機構が存在します。

この制度を使える方の対象は以下の画像の通りです。

住宅金融支援機構より抜粋:https://www.jhf.go.jp/files/400352364.pdf

 

コロナのせいで住宅ローン返済や家賃支払い困難な人への支援制度の申請方法は?

コロナのせいで住宅ローン返済や家賃支払い困難な人への支援制度の申請方法を見ていきましょう。

家賃の支払いが厳しい人向け(住宅確保給付金)の申請方法

申請先:各自治体の福祉担当部署が担当窓口
(各自治体によって違うので、代表番号に電話して確認してください。)

ハローワークで求職することが大前提にあります。

必要書類
①本人確認書類:運転免許証や住民基本台帳カード・パスポートや保険証等
②離職関係書類:離職票や雇用保険受給資格者証、解雇通知、離職したことがわかるもの
③収入関係書類:直近3カ月分の収入がわかるもの
④預貯金関係書類
⑤求職受付票:ハローワークから交付されるもの
⑥印鑑

住宅ローン等の支払いが厳しい人向けの措置の申請方法

住宅金融支援機構HPより抜粋:https://www.jhf.go.jp/loan/hensai/index.html
困ったら上記の電話番号に電話するのも一つの手ですが、まずは現在返済中の金融機関(融資のお申込先の金融機関)にまずは連絡をしてみるのが一番早いです。
そこで「コロナウイルスの影響を受けて支払い方法を変更したい」旨を伝えてください。
よっぽどのことが無い限り、対応してくださいます。

【住宅ローン】コロナで返済や家賃支払い困難な方への支援制度まとめ

コロナウイルスの影響で住宅ローン返済や家賃支払いが困難な方への支援制度をまとめています。

今回は特に

コロナの影響で住宅ローン返済や家賃支払い困難な人への支援制度はあるの?
コロナのせいで住宅ローン返済や家賃支払い困難な人への支援制度の申請方法は?
上記2点をまとめています。
まずはこの情報を見てすぐに各自治体や住宅金融支援機構に電話をしましょう。
なんとかこの制度で現状の資金繰りを乗り越えて、この状況を打開しましょう!
ニュース
スポンサーリンク
マエマサウィークリー.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました