【感染拡大防止協力金】東京で対象事業に50万円!申請方法や受取方法

スポンサーリンク
【感染拡大防止協力金】東京で対象事業に50万円!申請方法や受取方法 ニュース
スポンサーリンク

本日の記者会見で東京で感染拡大防止の休業要請に応じた対象である中小事業に協力金50万円の支給があることが判明しました。

皆様が気になる、対象の事業や申請方法や受取方法をまとめています。

また、対象の事業所かつ複数の店舗を持つ場合は100万円の支給とのことが判明しております。

※あくまでこの政策は東京都で休業要請に応じた中小事業所へのものです。東京都外のものへは対象となりません。

今回の記事はあくまで東京都の話です。
国からの給付金については以下をご覧ください↓
愛知県の協力金情報はコチラ↓
大阪府も協力金情報はコチラ↓

今回の記事では

申請方法や受取方法の前に東京で支給される予定の感染拡大防止協力金って一体何で対象は?
東京で休業に応じた対象の事業が受取れる50万円の感染拡大防止協力金の申請方法や受取方法は?
上記の様な皆様が気になるポイントをまとめていますので是非ご確認ください。

2020年4月10日(金)の小池都知事の会見ではまだ明確な申請方法や受取方法は示されていません。早急に情報開示を行うということをおっしゃられていました。

2020年4月22日(水)15:00〜から専用ホームページがオープンされる予定です。

スポンサーリンク

申請方法や受取方法の前に東京で支給される予定の感染拡大防止協力金って一体何で対象は?

申請方法や受取方法の前に東京で支給される予定の休業要請協力金って一体何で対象はどうなのかをまとめています。

感染拡大防止協力金とは?

緊急事態宣言期間中に、東京都の自粛要請に対し、全面的に協力してくれる中小企業や個人事業主に対して給付される、給付金の事です。

感染拡大防止協力金の対象事業は?

様々な業種へ自粛要請を行いますが、主に以下の業種が含まれます。

キャバレー
バー
パチンコ店
カラオケボックス
ネットカフェ
スポーツクラブ等の運動施設
劇場
映画館
展示場
理容室、美容室は自粛要請の対象事業ではないとのことです。

居酒屋等の飲食店については、事業を継続していただくも、営業時間を午前5時~午後8時、酒類を提供する場合は午後7時までにしてくれという要請が出されます。
上記ツイッターの内容の様にこの要請に従ってくれている飲食店にもきちんと協力金は支払われるということになっているようです。
また、デリバリーサービスを新たに創設される飲食店はその創設に対してサポートを東京都が行うという会見がありました。

東京で休業に応じた対象の事業が受取れる50万円の感染拡大防止協力金の申請方法や受取方法は?

東京で休業に応じた対象の事業が受取れる50万円の感染拡大防止協力金の申請方法や受取方法をまとめていきたいところでありますが、まだ明確に出されていません。

申請方法等の詳細がわかってまいりました。

2020年4月15日更新情報

コールセンターが開設されています。わからないことや質問はコチラで受け付けています。

東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター
開設時間 9時~19時(土日祝日を含む毎日)
電話番号 03-5388-0567

東京都産業労働省HPより引用:https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/attention/2020/0415_13288.html

感染拡大防止協力金の申請方法は?

2020年4月10日現在ではまだわかっておりませんが、東京都のホームページに随時アップされると思います。

2020年4月15日現在でわかっている情報を更新しています。

2020年4月22日(水)更新情報です。

申請受付期間

令和2年4月22日(水)~6月15日(月)の間で行う予定になっています。

申請方法

  • 専用ホームページからの申請が可能です。
  • 郵送もしくは持参でも申請可能です。

2020年4月16日現在ではまだHPが立ち上げられていません!

2020年4月22日(水)15:00頃に専用ホームページが立ち上げられる予定です。

現在専用ホームページが立ち上げられています。

感染拡大防止協力金の申請用専用ホームページはこちら

 

【感染拡大防止協力金】東京で対象事業に50万円!申請方法や受取方法

東京産業労働局より抜粋:https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/attention/2020/0415_13288.html

東京都産業労働省のページで確認する

 申請に必要な書類(予定)

  • 協力金申請書(「法人番号」の記入が必須)
  • 法人や営業の実態が確認できる書類
    (例)確定申告書の写しや直近の帳簿、営業許可証の写し等々
  • 休業が確認できる書類
    (例)事業収入額がわかる帳簿の写しや休業を告知するホームページ・店頭ポスターの写し
  • 誓約書

よくある問い合わせはコチラで確認

対象事業所や細かい対象も書いてあります。

東京都産業労働省のページで確認する

さらなる更新をこのページでも随時情報を追いかけていきます。

東京都ホームページ

感染拡大防止協力金の受取方法は?

コチラも申請方法同様まだ情報開示されていません。

しかしながら、受取時期については2020年4月10日の記者会見で少しわかってきています。

2020年5月6日までの緊急事態宣言期間中の自粛を確認する必要があるとのことですので、協力金の受け取りは5月6日以降になることが予想されます

【感染拡大防止協力金】東京で対象事業に50万円!申請方法や受取方法まとめ

東京で対象事業に50万円の感染拡大防止協力金の申請方法や受取方法についてまとめてまいりました。

その中でも特に

申請方法や受取方法の前に東京で支給される予定の感染拡大防止協力金って一体何で対象は?
東京で休業に応じた対象の事業が受取れる50万円の感染拡大防止協力金の申請方法や受取方法は?
まだわかっていないことも多いですが、上記のポイントを現時点でできるだけ詳しくまとめています。
受取までは少し期間がありますが、少しでも多くの支援が国民に広がっていけばいいなと思う次第であります。
この支援が、東京だけではなく様々な都道府県にも広まってくれればいいなと感じています。
ニュース
スポンサーリンク
マエマサウィークリー.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました