【リニア工事】なぜ静岡県は反対?2027年の開業はどうなるのか?

リニア工事なぜ静岡県は反対?2027年の開業はどうなるのか? ニュース
スポンサーリンク

リニア中央新幹線計画に先立つ準備工事に対し、静岡県が正式に反対という回答を出したことが話題を呼んでいます。

静岡県はなぜリニア工事に反対しているのか?
この反対意見でJR東海の建設計画は見直しを迫られています。

今回の記事では

なぜ静岡県はこのリニア工事に反対をしているのか?
静岡県の反対でリニア中央新幹線の2027年の開業はどうなるのか?
これらのあなたの気になる情報をまとめています。

スポンサーリンク

なぜ静岡県はこのリニア工事に反対をしているのか?

なぜ静岡県はこのリニア工事に反対をしているのでしょうか?

そこには明確な理由がありますのでその理由をご紹介します。

なぜ静岡県がリニア工事に反対をするのか大きな3つの理由

1.湧き水が外へ流出する可能性が大きいというのが最も大きな理由

yahoo newsより引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200627-00010001-at_s-l22.view-000

静岡県にある大井川の水は、静岡名産のお茶や農業に工業、水道に広く使われています。

最近はこの工事が無くても渇水が頻発しているため、この工事で水が大井川流域外へ流れていくのではないかということを心配しているため、リニア工事に反対しています。

大井川流域外への流出だけではなく、水質悪化や減少も懸念されています。

2.JR東海の水量減少データがはっきりしないため

水量が減少するデータというものをJR東海が示しておりました。

毎秒2トンの流出していくというデータでしたが、後々みてみると元データが不十分でどのくらい減少していくのかがわからないため、静岡県も工事に反対しております。

3.JR東海が失った水を戻すという方針を後になって戻せないと言ってきたため

静岡県はJR東海に失った湧水をの全てを戻すようにお願いしました。

そこでJR東海は導水路トンネル等々で元に戻す方針を出しました。

しかしながら、JR東海は工事中に流出する湧水は元に戻せないと後になって発表しました。

このようなずさんな水の対応に反発し、反対への表明を出しました。

静岡県の反対でリニア中央新幹線の2027年の開業はどうなるのか?

静岡県の反対でリニア中央新幹線の2027年の開業はどうなるのか?

なぜ静岡県がリニア工事に反対しているかはわかっていただけたと思いますが、では実際に2027年のリニア中央新幹線の開業はどうなるのでしょうか?

2027年のリニア中央新幹線の開業はほぼ延期確定

県の着工同意が得られないことが確定し、

同社が目指す東京・品川-名古屋間の令和9年の開業予定は延期が不可避となった。

Yahoo!ニュースより:https://news.yahoo.co.jp/articles/01d77fd2211e939622de188a549fb36aa395466c

リニア中央新幹線の開業は2027年(令和9年)にはほぼ無理だろうとの見解です。

【リニア工事】なぜ静岡県は反対?2027年の開業はどうなるのか?

【リニア工事】なぜ静岡県は反対?2027年の開業はどうなるのか?をまとめております。

その中でも今回は特に

なぜ静岡県はこのリニア工事に反対をしているのか?
静岡県の反対でリニア中央新幹線の2027年の開業はどうなるのか?
これらのあなたの気になる情報をまとめてきました。
今後どのようになっていくのか気になるとこですね。
ニュース
スポンサーリンク
maemasaをフォローする
マエマサウィークリー.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました